30 06/2011

シリコン的な話

模型トラックバック:0コメント:2
広告でちゃったので更新です!!

最近もモリモリ作業してるんですけど晒せる物がないという感じで更新がががが

そんなわけでシリコンについての考察

ディーラーやり始めたころからずっと長い事WAVEの020ってシリコンを使っていました
初期のころから使っていて特に大きな不満もなく
コストパフォーマンスの高さなどから他に浮気せず使っていました
ある意味メカでそれなりの数抜こうとした場合の長所と短所が可もなく不可もなくと言った
感じで愛用してたわけです

オフの時など色々な原型師さんと話を聞く機会が増えて
色々聞いてみるとボークスの透明の人気が高いこともあり
値段よりも気になっていた硬化時間の問題が真空によってクリアできたって事もあり
ボークスに乗り換えました

慣れるまでは5~6時間かかっていた透明シリコンの硬化も
今は1~2時間で完全硬化する方法まで到達して
非常に快適になったわけです

むろん性能に関しては値段相応というか020よりも硬いけどひっぱりも強いって文句なしな性能です

その結果気がつくと
DSC_0766.jpg

こんな感じで透明プリンが量産されましたw

私はスジ彫が相当苦手なので素材をまたぐ場合(プラ板とパテとかレジンとパテとか)
とてもじゃないけどうまくスジ彫ができません;
なんで不安な時は速攻でレジンで単一に置き換えてます
スジ彫失敗しても直すんじゃなくて抜きなおしてやり直せますからね~
ゲームでいうならとりあえずボス戦の前でセーブするようなものですw

真空プラス透明レジンのおかげでかなり快適な複製ライフが送れているのですが
今度は微妙な不満がでてきたりします
020のときから考えたらどれだけ贅沢な話なんだってトコなのですが
微妙に収縮率のキツサとか感じてしまったりします

この件に関しては一概にシリコンだけの問題ではなくレジンも絡んでくるのですが
とりあえずシリコン的な部分での話ではありますが

シリコンって縮合型と付加型と二種類あったりするわけなのですが
020もボークスも縮合型
付加型は使ってことはないのですが縮合型よりも収縮率が小さい・・・・・・らしい
付加型の複製品とかみたりした感じやっぱブレは少なかったきがするのです
我が家の条件としては付加型も十分に使える環境なので非常に試してみたいわけなのです
が!もういっこ問題がありまして非常にお値段がお高いwww
もうね020の倍くらいするわけです
性能と値段が比例するのは当然だと思うので致し方ないところではあるので
実際使ってみて満足度を測ってみるしかありません
近いうちに実験がてら付加型のレポもしてみます

それにともないレジンも収縮率の極力小さいものを探し見ようかな~なんて思ってます





最近我が家の猫が高いとこに昇れるようになってきたので
遊具をかってやんよ!!!と注文したきゃっとタワーが到着
DSC_0769.jpg

汗だくになりつつ組み立ててみた!

のぼってくれて嬉しいんだぜwwww