FC2ブログ
-- --/--

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25 03/2018

1/24 エクルビス インスト

インストトラックバック:0コメント:0
このキットの製作には

●イエローサブマリン 『関節技 PPC-020』*2
※肘関節可動工作する場合
●コトブキヤ 『MSG D-113』
●コトブキヤ 『MSG D-110』 もしくは ボークス 『A-lock』
   が必用になります。

製作上の注意・・・
複製上の関係で歪みなど出ている部品などは
お湯などにつけて暖めていただき整形してください。



er0319.jpg

頭部


1 関節技(中)のボールを接続
2 設定では抜けているのですがモールドとして再現したい場合は コトブキヤMSG P-126の中パーツが裏からはまる様になっています。
3 アンテナは真鍮線などで自作してください。 aとbに穴を開けて長さ2.5cmになるパイプを接続します
メインレンズは社外パーツをご利用ください。

er0320.jpg
胴体

4 関節技(中)の受けを接続します。
5 関節技(大)のボールを接続します。
接続軸が長めに取ってありますので
切断してお好みの長さに調節してください。
6 機銃は3mmもしくは4mmパイプかプラ棒で自作してください。


er0323.jpg

バックパック
7 4つパーツがありますので右側のように接着してください。
8 バックパック下側に取り付けます。

er0324.jpg

胴体

9 軸が上向きになるようにとりつけます。
10 胴体うしろにとりつけます。

ecr0325.jpg

左腕 肩>上腕
11 関節技(大)の受けを接続します。
12 関節技のランナー(3mm)で接続します。
13 固定の場合レジンパーツを上腕と間接部に接続します
可動にする場合はコトブキヤMSG D-113を使います。
14 肩アーマーに接続します
切り欠きのあるほうが上になります。
15 関節技(小)で肩基部とアーマーを接続します。

ecr0327.jpg
ecr0328.jpg
ecr0329.jpg


左腕 前腕
c すべて3mm穴を開け3mm軸で接続します。
16 3mm軸を接続します
17 16との接続するので一箇所だけ3mm穴を貫通させます。
18 接続します

ecr0326.jpg

右腕


20 関節技(大)受けを接続します
21 3mm軸で接続します
22 肘関節 固定の場合はレジンパーツをご利用ください 可動の場合コトブキヤMSG D-110 もしくは ボークス Aーlockをご利用ください。
23 半円のモールドがあるほうが内側になるように接着します。
24 関節技(小)などの2mm軸を前腕部の溝にあわせて取り付けてください。
上から3mm径くらいのHアイズやコトブキヤのパーツを接着します。
25 前腕部のくぼみに接続します。
26 パイルバンカーは5mmプラ棒で自作してください。
27 肩基部に真鍮などで止めてください。

ecr0331.jpg

太もも

28 関節技(大)の受けを接続します
29 関節技(中)の受けを接続します
左右 2個製作します

ecr0332.jpg

スネ


30 3mm穴を開けてください
ヒザ間接のつながるところです
31 関節技(大)の受けを取り付けます
32 接続します
33 間接技(小)のボールを接続します
34 関節技(小)の受けを接続します

ecr0336.jpg

足首


35 関節技(大)のボールを接続します
36 カカト裏に取り付けます

er0337.jpg

脚部


37 関節技の軸の長さで可動範囲の微調整を行ってください。
38 長さ2.5cmくらいのスプリングやパイプなどを取り付けてください

ecr0339.jpg


腰部


39 関節技(大)のボールを接続します
40 3mm軸を接続します
41 リアアーマーは固定して接続します
42 接続します
43 45のパーツで腰に取り付けてから44のパーツを取り付けてください
45 気泡対策のため少し長めに作ってありますので
少しカットして長さを調節してください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://benikick55.blog32.fc2.com/tb.php/199-9b1de08d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。