FC2ブログ
25 03/2018

1/24 フィアダンベル インスト

インストトラックバック:0コメント:0

1/24 フィアダンベル組み立て図


このキットの製作には

●WAVE 『OP-045』(3mmポリキャップ)
●WAVE 『OP-046』(5mmポリキャップ
●イエローサブマリン 『間接技 PPC-T06』
●イエローサブマリン 『関節技 PPC-020』

が必用になります。

f01.jpg
本体部分


肩関節軸は5mmプラ棒を使用。
胸部上面につく①の部品は塗装後、
頭部内のレンズ部分を接続した後に接着してください。
先に接着してしまうとメインレンズ部分が入らなくなります。

メインレンズの左右に小さい丸型のレンズが付きますが
キットには付属しておりませんので
アフターパーツなど使用してください。
推奨はコトブキヤのPC-123についている小さいプリン型のパーツ
アドラーズネストのタートル系ATアップデートパーツの
削りだしレンズなどがお勧めです。


f02.jpg
側面に付くコの字型のパーツ
プリン型のパーツ
前面に付くパーツは接続ダボがありませんので
位置決めをして頂き真鍮などで接続してください。

f03.jpg
ガンランチャー及びバックパック


ガンランチャーの砲身は付属のアルミパイプを使用します。
②のパーツはプラ棒などで製作してください。
写真および完成見本は4mm棒で作っております。
本体部分との接続には関節技(中)を使用。


f04.jpg
以上のパーツを組んだ状態です。
③は予備のマガジンを接着しております。


f05.jpg
腕部


④の中、肩関節には5mmPC
上腕との接続には3mmPCを使用します。
上腕パーツには3mm軸を打ってください。
⑤の部分には3mmPCを使用。
上腕との接続は真鍮などを使いしっかりと固定してください。
⑥の上腕との接続に3mm軸を打ってください。
⑦の手首の接続には関節技(大)を使用します。
⑧のミサイルポッドとの接続には関節技(中)を使用します。

手首部分とナックルガードはポリ軸などで接続
その上からディティーツアップパーツ等を貼ってください。
可動を気にしなければそのまま接着しても問題ありません。


f06.jpg
武器


⑨のパーツは真鍮で固定接続ですが
可動させたい場合は側面から真鍮で接続していただければ
可動するようになります。
手首の接続には関節技(大)を使用



f07.jpg
腕部、武器を組んだ状態です。

⑩のパーツは固定接続になっておりますが
固定接続してしまうと水平方向に腕が上がらなくなりますので
可動域を増やしたい場合は
ポリ軸などで接続していただき回転するようにすると良いでしょう


f08.jpg
f09.jpg
腰部


⑪の本体との接続は5mm軸を打ってください。
⑫の股関節には関節技(特大)を使用。
⑬のフロントアーマーの接続は関節技(小)を使用。



f10_20180325214757af3.jpg
脚部


⑮のサイドアーマーとの接続は関節技(中)を使用
⑯の股関節には関節技(特大)の受けを使用
⑰⑱のヒザ間接には5mmPC使用
⑲のパーツは20の裏に接着、
斜めになっている方がヒザ側になります。
21の足首アーマーの接続には関節技(小)を使用
22の足首との接続部分にに3mm穴


f11.jpg
足首


23の足首間接に関節技(特大)を使用



f12.jpg
脚部を組んだ状態です。

24の膝関節ブロックは5mm棒は挟みこんで接着してください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://benikick55.blog32.fc2.com/tb.php/200-58de9ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)