14 09/2015

スラッシュドッグ 製作その1

模型トラックバック:0コメント:0
前々からブログ不精を直さねば・・・と思いつつも
実行できていなかったので
ほんと今回からはしっかりやっていこうと思います


さてまずは出力的なお話から
デジタルで造形するとして
問題はどうやって出力するか?

以前からデジタル造形してる方々の多くが使っているMODELA(3Dプロッタ)
最近メキメキと製品の出てきている3Dプリンター
個人ユースでは事実上不可能な外注必須な光造形

てな感じでしょう
どれも一長一短あると思うのですが
まわりのモデラーさんの感じやそれぞれできた物などイヂってみた感じ
現状MODELAですよねえ
ってところに行きつきました

で、どのMODELAがいいかなーと調べ始めて見ると
周りで使ってる人が多いとおもわれるMDX-15さん
生産中止

モデルチェンジした新型SRM-20さんの定価480000円・・・
お、おうwwww
いあちょっと20万円台から50万弱にジャンプアップって
おいそれとは出せる値段じゃなくなってますよ?

そんな感じで今も何を導入するか悩ましいままモヤモヤしてたら
『とりあえず Imodela あまってるから使ってくだしあー』
って友人からの助け舟が・・・・
本来なら借りて使うようなシロモノでもないのでしょうが
お言葉に甘えて使わせてもらうことにいたしました


IMG_0337.jpg

やってまいりましたImodelaさん
実物は見たコトあったはずなのですが
すごくカワイイですw

とりあえず出力にも慣れてみましょうーってコトで
削ってみた

IMG_0333.jpg

最初っからうまくはいかないとは思っていたのですが(スキル的にね!)
きちんとできてるワケではないのですが
予想してたよりきちんとできて感動

こちらの扱いもそれなりに勉強していく感じで進めて行きます



さてスラッシュドッグでっす

予告どおりジェットローラーダッシュ的な

slash00012.jpg

こんな感じでほぼ出来上がりました

んー手作業に比べるとココまでの速度はシャレになってない速さな気がします
コレで完成ってワケじゃないのですが
ほぼ完成予想図ができあがるってのは精神的にも作業的に本当に安心します

ワイヤーフレームだけじゃわかりにくいんで

slash00013.jpg


シェーディングよりもコッチのが分かりやすいきがするんですよね
バーニアとかはとりあえず・・・・ってシロモノです



イベントのための原型
造形のためのデジタル
歴史の果てから、連綿と続くこの愚かな行為
ある者は悩み、ある者は傷つき、ある者は自らに絶望する
だが、モデリングは絶えることなく続き、また誰かが呟く
たまにはレジンの臭いを嗅ぐのも悪くない

次回 『ターレットレンズ』

神も、ピリオドを打たない。
続きを読む
06 08/2014

やっぱ夏は模型イベですねえ

模型トラックバック:0コメント:0
随分と久しぶりに夏WFに参加もしなければ足も運んでいなかったワケなのですが
熱くなってくるとメッセや幕張が脳裏に浮かんだり
秋葉原に行きたくなる紅緒ですコンバンハ

WFと無縁な夏とか本当に久しぶりだったので
必死なデスマ気味の複製などもなく
ある意味とても寂しい気分だったりもwww

って思ったわけで冬WFは参加しよう!そうしよう
そんなワケで子育てしつつ冬に向け新作をはじめます

でなにを?w
参加申し込みまで考えるコトを楽しむとしましょうw

それから
多少時間も工面できるようになったので
すこしはネトゲもできるなーと
長らく休止してたリネ2を・・とか思わなくもないが
過疎化はひどいはハイブリット課金はスゴイわ
うnさすがに復帰はないなw

そんなワケでPSO2ハジメマスw
7鯖の人だれかいませんかー!?w

12 10/2013

祝・1/35 ラビドリードッグ発売 あとオマケ

模型トラックバック:0コメント:3
お久しぶりです
日々、娘の世話とモデリングに勤しんでいる紅緒です
どうにもブログ不精になってしまいがちなのですが
中の人はそれなりに元気です

さっそくですが
fdcef029.jpg

お世話になっているWAVE様から
まさかまさかの1/35インジェクション ラビドリードッグ発売!


インジェクションとしては初!
って言いそうになったけど
ユニオンから1/60が出ていたので2回目ということになりますが
メジャーなサイズとしては初のプラキット化ってことでいいと思いますw

しかも2バリエとか・・・
このPSとSTの住み分けってすごく良いとおもうんですよ

24ですらコックピットや降着を気にしない紅緒なんかには値段下げて
ギミック取り除いてくれたモデルがすごく嬉しいし
奥深いとこまで作りこみたい派にはSP仕様が最適ですからね~
これは本当にありがたい展開ですね


ウチは1/24ばっかりだったのですが
1/24タカラタコって言うマスターピースに近い物が古くから存在して
それに伴いプラ、ガレキなどで各種ATが揃えられる
コレクション製みたいなのが1/35よりも強かったからなんですよね

でもこれで1/35も主軸になっていくキットあれば
いろいろ製品化されないものとか作ってみたくなると思うのです
というか気軽に入手できるキットでサクサク作れるとなると
かなり変わってくるとおもうんです


いあむしろ個人的には24ではさすがに手を出すのに躊躇してきたATの数々・・・
デンジャラスブリームだとかドメスティックグースとか
Q01ベルゼルガとか・・書きだしたらキリがないけど
そういうのも作りやすいんですよ!
だって物理的にも経済的にも売れなくても被害が小さいじゃないですかwww
思い切り良くやれるってものです

てかもうすでにこの発表を聞いてから是非是非つくりたいものが決まっているので
来年の夏WFとかに出して一緒にならべたいなーとか
作業は出来なくても妄想は全開ですww


と言うワケで今後のシリーズ展開にはめっちゃ期待したいと思いますので
ラビは多々買い必至です!お布施しますw

いあいあいあ第二段でスコープドッグもきまっているわけで
当然ソチラこそ多々買いまくらねばwww

うnほんと今から製品がでるの楽しみになってきました

ちなみにホビーショーのレポとかで画像はあるはずです
自分で撮影してきてないので画像は貼れないのです




そして今日はもう一丁
こっからは『べにや』的なネタで

ラビつながりってワケでもないのですが
ウチのラビも申請用に軽く表面処理してサフ吹いたものができたので
(この前のヨリもうすこし丁寧にねw)
画像なんぞあげておきます
イベ前のギリギリな画像二枚しかありませんでしたからね~


rabi0115.jpg

この前のはゲート処理すらままならないとこにサフ吹いたものだったので
すこしはキレイになっていると思いますw

rabi0107.jpg

まぁごく身近なとこでハタさんが
ぶっちゃけマスターピースなラビを作ってくれやがっているわけでw
いまさら作る必要もなかったんじゃね?とかって思ったりもするのですよ
でもまーたまには王道ATもつくらないと、キワモノAT専門店になっちゃうんで・・
いあ・・まぁ・・・ソレでもいいんだけどwww


今回はいつもみたいに立体化に恵まれないATを作っているわけではないので
わりと明確なコンセプトがありまして
キッカケはないぽん氏の一言で『ラビって足首うごかないよね・・』
コレです
うん、デザイン的に可動とかムリなんですよ
でもね足をクパァとかして見栄きりポーズしたいじゃない!

rabi0114.jpg
『通報しますた!』w

と言うとこから良く動くラビ!
ってコンセプトでした
それとねハタさんのラビが相当密度高いんですよ
コレも同じ方向に振っても面白くないとおもうんですよ
なのでアニメ画をすごーく意識してます
て言うかすごく・・・・アッサリです

うん付け足したくなるなw

足首はなるべく簡単な方法で引き出し式にして
相当無茶できるようにしてあります

ヒザ間接も色々と思うところがあって
二重間接にしてもほとんど曲がらないのに同じように可動再現する必要あるのだろうか?
これって結構前から思ってたんです(ゼル系の時にですね)
なので見た目がしっかり二重ならば一軸でもがっつし曲がるほうがイインジャネ?

ってことである意味模型的には先祖返り的な構造ではありますが
ヒザブロック内で挟み込みにした一軸の可動になっています
ちょっと何言ってかわかんないです・・・

まーその謎構造のおかげでほぼスネの裏とモモの裏くっつくくらいまで曲がるのです
いあ・・・そこまで曲げるポーズってないんですけどね・・・
でも腰だめっぽいポーズがとりやすいのです

あと画像の右足みたいなローラーダッシュしてそうなポーズ
これって個人的に結構嬉しいポージングだったりしますw
ATの足首って前方向にはほとんどまがらないの多いんですからね


rabi0105.jpg


顔とかは頭部ドームに対してのメインレンズの大きさとか
アニメ設定画に寄せたのでレンズ周りが大きめになるようにしています
で頭部ドームのバランスなんかも胴体幅をギリギリまでつめて
大きく見えるような方向にしています
ぶっちゃけ大きく見えるのはいいのですが
アタマがデカイのは好みではないのでw

ラビの一番象徴的な脚部は
フトモモむっちりでスネは実は小さめ
ツマ先は細くて甲高、カカトはデカイって感じにしています
コレはがっつしと紅緒のドッグ系の趣味ですね

あと今回はパーツ数を減らしています
当社比で2割くらい少ないはずw
可動部位での部品削減に成功したってことかなーと

まぁすこしでも作りやすくなれば、ってところです


そんなワケで次回2014冬WFでも販売予定です
ただし!
ハタさんのラビ(WAVE版)やら1/35ラビやら色々出る状況ですから
当然強気になれるはずもなくw
販売数はこれまた当社比で半分以下の予定でございます!





12 10/2012

エルドスピーネ一般機発表&WAVEモデラーズミーティングUst版3

模型トラックバック:0コメント:7
書き出しが毎回お久しぶりですな紅緒です・・コンニチハ!


エルドスピーネ・テイタニア機に続いて一般機が発表、予約が始まりました!
サイトはコチラです

テイタ機とは違うデザートカラーの成型色

作中で一般機は2丁持ちしておりませんでしたが
コチラもシュトルムゲベールは2丁付属
当然左右持ち手もついてます!(左右握り手も!)

テイタもそうですがコチラも成型色のみで設定再現はしております



一般機の販売に伴い
『WAVEモデラーズミーティング Ust版3』
が10月29日20時から開催されます

この時代にボトムズの製品化に尽力してくださっているw
WAVE開発部の永見浩士さんがMC
ゲストはWAVE製品を多数原型製作している柳生圭太氏
どうしてこうなった!な紅緒
以上の三人で放送予定でございます

当日は実演製作することになっておりますので
画像では分かり難いアームパンチの構造とか
不思議足首の構造とか上手く伝わればイイナーとか思っています

これから打ち合わせを頑張って良い放送になるようにしますので
ご興味のある方は是非是非ご覧くださいませ!

28 08/2012

WAVE 1/24 エルドスピーネ テイタニア機

模型トラックバック:0コメント:1
遅くなってしまいましたがお知らせでございます!

WAVEから発売予定の『1/24 エルドスピーネ テイタニア機』の原型製作をさせていただきました

同じく1/24エルドスピーネの作例記事が『電撃ホビーマガジン 10月号』に掲載されております。
WAVEの商品ページのほうではテイタニア機のみで一般機は予告って感じでしか載っていませんが
電撃ホビーマガジンの方にはもう少し一般機の画像も載ってたりしますので
興味のある方は是非読んでくださいませ!


ちょっと補足的にコチラで書かせていただきますと
製品は完全新規造形で
テイタニア機は5色カラーレジン成型になっています
設定上の塗りわけ部分はすべて分割色分けされておりますので
そのまま組んでも見本と全く同じカラリーリングになります!
可動とか考えたら簡単仕上げでいいだろ!って成型色になっています

以前イベント販売したエルドスピーネはあまり販売数は多くはないので
所有している方は少ないと思いますが
画像で比較してもらってもタブン分かると思うのですが
似てる部分でも同じパーツはなかったりしますw

なのでイベント販売したものを買っていただいた方にも
胸を張って孤影版エルドもドウデスカ!と
言える仕上がりになっていますのでので
マーティアル宗派の方で気に入って頂けたなら是非是非よろしくお願いします!!





さてさてあとがきというか感想というか

こう見えて自分はモデラーとしてはコンプレックスの塊なので
お話をいただいたときからめっちゃ腰がひけてましたwww
ぇーーー商業原型とか無理ジャネ?的なw

ただただボトムズ好きだったモデラーが勢いと勘違いでイベントディーラーになって
恵まれないATばっかり好き勝手に作っていただけなのに・・・と
本当に本人はビックリだったんですヨw

そんな紅緒に対して非常に寛大な対応で
やれる限りの事をやらせていただく自由と時間を頂けたので
こうやって完成にこぎつけることができた・・と
タブン条件が厳しかったら(時間とか内容とかですね)
完成までたどり着かなかったのではなかろうかと・・・

おかげさまで今までのウチのキットを知っている人が見たら
『おまwwwwイベントのは手抜いてんだろwwwww』って言うくらい
違うと思いますので購入予定の方は楽しみにしていてくださいw

本当にそういった部分でWAVE様に感謝でございます


てかこの時代に1/24ATをガレキで出してくれること自体、大感謝だったりするのですが!w



ということで
今後は商業をメインでやるから今までとは違うぜ!キリッ





とか、そういうのは全くございませんwww

基本的にべにやのスタンスは変わりませんので
イベントでは自分が欲しいビミョーなネタなり
たまに直球ど真ん中だったりw気分で好きなものを作っていくと思いますので
今後ともよろしくお願いしますです



しかしながら!次回冬WFは本業が忙しい時期なので
新作のフルキットは無理ぽですから!!
妙な圧はかけないでくださいw